読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばるは戦術

ポケモン レート用構築メモ

【サンムーン】呪いミミッキュとマジックガードピクシー

こんにちは くろすけです

今回は分身バトン及び小さくなるバトンの回避バトン構築に関わるポケモンの考察をします。



シーズン3をバトン構築でレート50戦やって今1850くらいなんですけど、負けた理由の6.7割くらいになっているポケモンがいまして

f:id:pkmnbnsn75:20170426224923p:plain
👻呪いミミッキュ👻



s2まではまだそこまで見かけなかったこの型のミミッキュがめちゃくちゃきついんですよ!特に回避系バトン使い的には!


で、最初は呪いミミッキュ用に裏選出作ろうかとも思ったんですけど、ミミッキュってどんな構築にも入ってくるし決まってこの並びなら呪いミミッキュ!ってのもないんで判別できないんですよね。


「じゃあ、ミミッキュ見たら全部裏選出にしちゃえば?」
ってご意見もあるかと思うんですけど、あのポケモン使用率1位ですからね。1番よく見るであろうポケモンに構築の主軸選出できないのはどうなのよ?それって弱くない?って話でして。


つまり、呪いを無効化しつつ普通のミミッキュも相手できてかつバトンすればレートで見る大抵のポケモンに勝てるエースが必要なんですね。


そんなポケモン…探したらこの子しかいませんでした

f:id:pkmnbnsn75:20170426224925p:plain
マジックガードピクシー

まぁ、マジックガード持ちは他にもいるんですけど、調べたらどいつもこいつもエスパータイプで(ランクルス族、フーディン族、シンボラー)普通のミミッキュに弱かったので選択肢は実質ピクシーだけでした。
幸い最低限の種族値と回避バトンエースに欲しい技は備えてたので、技構成を考察したいと思います。




f:id:pkmnbnsn75:20170426224926p:plainマジックガードピクシー 考察

技について
※前提として回避バトンエースに回復手段は必須ですので「月の光」を確定にします。

技構成案ー❶
身代わり/瞑想/ムーンフォース
おそらく最安定構成。ただし、鋼と毒の処理が遅くなり、再生回復のある鋼とヒードランにはそうとう回避率上げた状態でバトンしないときつい。

技構成案ー❷
身代わり/瞑想/アシストパワー
不一致ながら能力ランクが上がれば絶大な火力を得られる。ムンフォより鋼タイプの処理速度が若干上がり毒タイプにかなり強くなる。ただ、悪タイプが出てきただけで詰む。

技構成案ー❸
瞑想/火炎放射/アシストパワー
2ウェポンで範囲を広げる。鋼への脆弱性を克服しつつアシストパワーで決定力を保持できる。
今作からZ技により全てのポケモンが必中超高火力技を放てるため身代わりを張れないのが痛い。

技構成案ー❹
コスモパワー/アシストパワー/身代わりor火炎放射
瞑想をコスモパワーに変えて耐久力で詰ませにいく。ただし相手の耐久ポケモンを突破できずにPP切れする負け筋があるのがネック。

技構成案ー❺
身代わり/アシストパワー/チャージビーム
上記全ての型の弱点をある程度克服してそれぞれの強みを薄めた型。



持ち物について

候補
(ひかりのこな・のんきのおこう/オボンのみ/半回復のみ/いのちのたま/たべのこし/アッキのみ)




最後に
バトンパで呪いミミッキュの対策をする方法は随時募集中です!本当に困ってます!




ここまで見ていただきありがとうございました!

それでは‪◹(=͈╹ㅈ╹=͈)‬ノシ

【サンムーン】格闘Zツンベアー調整

こんにちは くろすけです。


f:id:pkmnbnsn75:20170415230016p:plain

気合パンチZ搭載のゆきかき霰エース型ツンベアーの調整を記します。




以下調整

f:id:pkmnbnsn75:20170415230017p:plain
ツンベアー@カクトウZ
特性:ゆきかき
性格:陽気
実数値:170-182-100-x-101-112
努力値:A252 D4 S252
技》
氷柱落とし(冷凍パンチ)
ストーンエッジ
気合パンチ(馬鹿力)
剣の舞


A:全振り
BD:ダウンロード対策
S:最速フェローチェ抜き、準速スカーフカプ・テテフ+4


ダメージ計算《簡易》
与ダメ
氷柱落とし
f:id:pkmnbnsn75:20170415230018p:plain
171-150メガボーマンダ
→Aランク-1で中乱数1発(62.5%)

f:id:pkmnbnsn75:20170415225918p:plain
195-111ランドロス
→Aランク-1で確定1発(ダメージ率106.6%~129.2%)

f:id:pkmnbnsn75:20170415225917p:plain
154-90霊獣ボルトロス
確定1発(ダメージ率125.9%~149.3%)

f:id:pkmnbnsn75:20170415230019p:plain
215-187カバルドン
→Aランク+2で低乱数1発(18.8%)


ストーンエッジ
f:id:pkmnbnsn75:20170415230020p:plain
183-147メガリザードンX
→Aランク+2で確定1発(ダメージ率101.6%~120.2%)


全力無双激烈拳(気合パンチZ)
f:id:pkmnbnsn75:20170415225915p:plain
193-126ヒードラン
確定1発(ダメージ率112.9%~133.6%)

f:id:pkmnbnsn75:20170415225916p:plain
191-156ポリゴン2
→Aランク+2で確定1発(ダメージ率122.5%~144.5%)

f:id:pkmnbnsn75:20170415225914p:plain
155-170メガメタグロス
→Aランク+2で確定1発(ダメージ率103.8%~122.5%)

175-171メガメタグロス
→Aランク+2で中乱数1発(50%)


雑記
天候パとして砂、雨、晴よりマイナー気味に見られがちな霰パですがツンベアーにはポテンシャルを感じたので調整記事を書いてみました。(といっても陽気最速霰下で綺麗に最速フェローチェを抜くことができるのでASぶっぱしただけですが)
もともとツンベアー種族値は鈍足中火力型の配分がされており氷単タイプであるがゆえにマンムーの劣化気味でしたが、サンムーンで攻撃種族値が+20され130族となりそれが高速で技を放ってくるんですからなかなか強そうです。
環境に増えてきているメガメタグロスに対抗すべく気合パンチZ型で調整を載せていますが耐久厚めに振られると確定で落とせないのがネックですね。Sを準速にして火力を上げるのもいいかもしれません。
アローラキュウコンで壁を貼って剣の舞で全抜きするのは強力だと思うので興味のある方は使ってみてはいかがでしょうか。


ここまで見ていただきありがとうございました!

【サンムーン】命懸二連弾ムクレガルーラ

こんにちは くろすけです。

今回もこれ強いんじゃね!?と思いつつも実践で使ったことがない机上のパーティを投下したいと思います。


みなさんは上のパーティを見て何を警戒しますか?




まぁまず頭によぎるのはレパガルガッサの猫の手胞子。それだと安直すぎるから偽装でガルクレセの月光乱舞かな?と思う方もいるかもしれませんね。




が、今回やりたいことはそのどちらでもありません。
命懸けを2発ぶち込みたい
ただそれだけのパーティです。



戦法

もとになったのは昔使ってたローテの構築
pkmnbnsn75.hatenablog.com



f:id:pkmnbnsn75:20160806210350p:plain
命懸けができるポケモン中最大のHP(全振りで192)を誇るムクホークがスカーフ巻いていのちがけぶっぱする。



で、2体目にいのちがけさせようとするとスカーフを巻けないため素早さがネックになりますがここでこのポケモン



f:id:pkmnbnsn75:20160806210325p:plain
レパルダスです。
こいつが前のターンに出たムクホークのいのちがけを技まねっこでコピー。いたずらごごろにより優先度+1で2回目のいのちがけ。



f:id:pkmnbnsn75:20160820045201p:plain
最後に対面性能の化身、ガルーラおばさんに締めてもらってWin!!



ローテで使ってたいのちがけパですけど、これシングルでもいけそうじゃないですか?

【サンムーン】起点作成ダグトリオ

こんにちは くろすけです

最近、分身バトンの考察ばかりしてて使う予定だったナマコゲンガナンスとかギガドリマンダとか全くの手付かずなんですが、今回も分身バトン用ポケモンの型紹介です。ORASの頃からずっと影分身に取り憑かれてる気がする…


考察するポケモンはこいつ
f:id:pkmnbnsn75:20170402184048p:plain
ダグトリオ(アローラじゃない方)です。
まずは調整を載せます。解説的なものは長くなりそうなので後から。



f:id:pkmnbnsn75:20170402184047p:plain
ダグトリオ@きあいのタスキ
特性:ありじごく
性格:陽気
実数値:111-152-70-x-90-189
努力値:H4 A252 S252
技》岩石封じ、すなかけ、置き土産、地震



なぜ分身バトンパにダグトリオなの?って話

分身バトン構築というのは選出する3体の役割が最初から決まってて


A.麻痺撒き起点づくり担当(ジャローダなど)
B.身代わり連打からの分身バトン担当(バシャーモなど)
C.回復手段を持つ全抜き担当(ボーマンダなど)


と、こんな感じに編成されるのが一般的で僕はこの主軸3匹以外全くと言っていいほど選出しないのですが、
構築内で最も重要なポケモンはAでもBでもCでもなく残りのD,E,Fなんですよ。


D.電気タイプ牽制枠(バンギラスとか)
E.電気タイプ牽制枠(ドリュウズとか)
F.電気タイプ及びカプ・レヒレ牽制枠(フシギバナとか)


なぜ執拗なまでに電気タイプを呼ばせないようにしてるのかっていうと、分身バトンする上で麻痺を撒けなかったらほぼ100%負けるからですね。
分身バトンパの記事を片っ端からあさってみてください。使い手にもよりますが、ほぼ確実に2〜3枠あからさまに電気に強いポケモンが入っているはずです。




で、ここまで前置きが長くなりましたが今回のダグトリオはただの電気タイプ牽制枠ではありません。
電気タイプにも対応できる起点作りポケモンです。

なにしろ分身バトンパは有名になりすぎてジャロバシャが並んでいるとどれだけ強い見せポケを置いていても電気タイプを呼ぶようになってしまいました。
というわけで特性ありじごくで相手をキャッチしつつ、岩石封じ+すなかけで全てのポケモンを起点化させるダグトリオに白羽の矢が立ったわけです。

まだ使ってみたことはないですけど多分活躍できるのではないかと思い記事にしてみました。僕も早く実践投入したいんですけど置き土産ディグダが手に入らないんですよねぇ…

当記事が分身バトン使いの一助となれば幸いです。



ここまでみていただきありがとうございました!

それでは◹(=͈╹ㅈ╹=͈)ノシ

【サンムーン】影分身バトンの持ち物 確率計算

こんにちは くろすけです

f:id:pkmnbnsn75:20170303211528p:plain

レートシーズン2において色んな方が分身バトンで結果を出されています。ORAS中期あたりから継続的に分身バトンしてきた古参の僕としては仲間が増えた気がして嬉しい限りです。


で、今回は分身バトンをする上で核となるバトン役の持ち物について雑に計算したいと思います。僕、学生時代数学でいい点数とったことないので複雑な確率計算とか考察は別の方が記事にまとめてやってくれると嬉しいな(あからさまな期待の眼差し)


実は7世代で分身バトンにとって革新的なアイテムが追加されたんですよね(僕は全く気づかなかったけど)


以下計算


❶食べ残し/黒いヘドロ

効果毎ターン最大HPの1/16のHPを回復する

身代わりを置ける確定回数ー5回

身代わりを置ける最大回数ー16回

身代わり確定回数中に麻痺によるしびれを引く確率

約76%


❷半回復のきのみ
(イア/マゴ/ウイ/バンジ/フィラ)

効果HPが1/4以下のとき最大HPの1/2のHPを回復する

身代わりを置ける確定回数ー6回

身代わりを置ける最大回数ー6回

身代わり確定回数中に麻痺によるしびれを引く確率

約82%


❸光の粉/呑気のお香

効果相手の技の命中率が0.9倍される

身代わりを置ける確定回数ー4回

身代わりを置ける最大回数ー4回

身代わり確定回数中に麻痺によるしびれを引く確率

約80%


ふわっとまとめ
残飯…しびれずに全ての身代わりを割られる可能性が最も高い。ただ、回復ソースが無限なので回避力マックスまで上げたいなら残飯の方がいい気がする。一旦躱したときの爆発力、相手に与える絶望感がいい感じ。


半回復のみ…6回確実に身代われるのが強いし、精神的にたのもしい。おそらく身代わり残すなら最安定の持ち物。麻痺まきの起点なしでも強引に分身→身代わりの流れに持ってけたりするのも偉い。


光の粉…10%のワンチャンを作れる。せいなるつるぎを躱したりとかもできる。が、Z技が撃たれることも考えると4回しか身代わりうてないのがきついかな。


結論汎用性的には、半回復のみ≧残飯>>>光の粉
って感じですかね。


僕がやった計算は簡易版もいいとこなんでまぁ参考までに


ここまで見ていただきありがとうございました!

それでは‪◹(=͈╹ㅈ╹=͈)‬ノシ

【サンムーン】忍者バンドリ

こんにちは くろすけです

今期は初レート2000を目標にレートしていたんですが、色々ぶち抜いて2ロム2100を達成しました
まだこの構築でテキトーにレートするかもしれませんが、既にすごく満足のいく結果が得られたのでパーティを公開したいと思います
※最終2140でした





ニンニン




この構築パッと見はバンドリマンダ&バナが軸に見えますが、実際はバシャーモ✝︎忍法・影分身✝︎を使うことによって相手をはめるギミックパーティです





個体解説
f:id:pkmnbnsn75:20170303211531p:plain
バンギラス@さらさら岩
特性:すなおこし
性格:図太い
実数値[努力値]
207[252]-x-155[84]-137[172]-120-81
技》
ステルスロック
電磁波
イカサマ
冷凍ビーム

HBベースの普通のさら岩バンギラス
冷凍ビームはカバルドンに撃ち負けないために入れてます。ガブとランドの地震も耐えて返せますが、初手対面するガブは大体襷だし、ランドは基本トンボするのでこの2匹はあまり意識してません。
イカサマはグロパンガルーラをすごくよぶので採用。タイプ一致の分、火力が出るので無難に強い印象です。
今作で砂起動要員が3匹になりましたが、バンギはステロを撒きつつ目の前のポケモンをドリュの確定圏内まで削るという動きがやりやすく、そこが差別化ポイント…なのかなぁと思いました。





f:id:pkmnbnsn75:20170303211530p:plain
ドリュウズ@風船
特性:すなかき
性格:意地っ張り
実数値[努力値]
185-205[252]-82[12]-x-85-139[244]
技》
地震
アイアンヘッド
岩雪崩
剣の舞

ジメンZ、ハガネZ、イワZなどなど7世代のすなかきドリュウズはZ持ちが主流のようなので、時代遅れ感が出てる風船ドリュウズ
ただ、このパーティ浮いてるポケモンがマンダだけで、地面タイプのポケモンが必ずと言っていいほど選出されるので風船が生きる場合が多い気がします
主にバンドリの役目は選出誘導で、実は出てくると嫌な電気タイプがさっぱり出てこなかったので砂の選出誘導力は健在でした





f:id:pkmnbnsn75:20170303211529p:plain
フシギバナ@フシギバナイト
特性:しんりょく→あついしぼう
性格:控えめ
実数値[努力値]
187[252]-x-143-178[156]-140-113[100]
技》
ヘドロ爆弾
ギガドレイン
めざめるパワー[炎]
眠り粉

フシギバナの役割はたった一つで、カプ・レヒレの牽制です。
レヒレはバンドリマンダバシャの4体に刺さる上にミストフィールドを展開されるとパーティコンセプト的に非常に厄介なのですが、バナがいることによって後続で温存させようという心理が働くのか、初手で出されることがほとんどありませんでした。
全くといっていいほど出さないのですが、一応ナットやカミツルギを対処できるようめざ炎の個体を採用しています。





…と、ここまでバンドリバナの個体詳細を長々と書きましたが、僕が今季対戦した約300戦の中で上記のポケモンを選出したのはよくて5回です
まぁ、全然仕事してないというわけではなく選出誘導という点ではすごく活躍してはいるのですが
つまるところこの構築は、残りの3匹だけで勝ち上がってきた構築ということです





f:id:pkmnbnsn75:20170303211528p:plain
ジャローダ@気合の襷
特性:あまのじゃく
性格:臆病
実数値[努力値]
150-x-115-127[252]-116[4]-181[252]
技》
蛇睨み
宿り木の種
リーフストーム
挑発

当ブログに何度も出てくる起点作りジャローダ。この枠は電磁波ミミッキュにしてたんですが、技外しで落とす試合が多かったので2070あたりで思い切って入れ替えたらしっくりきました。
蛇睨みで麻痺を撒いて後述の分身バシャーモの起点を作るのが仕事で、バンドリのおかげで電気タイプが出てきた試しがないので確実に1体痺れさせることができます。
立ち回りとして、あわよくば宿り木も撒けるとなお良いですが、あんまり欲張ると交代されて睨めずに突破されることが予測されるので睨み連打でもいいと思います。
挑発はミミッキュ及びギルガルド対策。最初は電気タイプ対策でミラーコートにしてたんですが、あまりに打ちどころがないので変えて正解でした。
あとDL対策でD4振りにしてますが、偶然にも受けループにすごく強い型なので地球投げ確定3発耐えにした方がいいです。





f:id:pkmnbnsn75:20170303211527p:plain
バシャーモ@食べ残し
特性:かそく
性格:陽気
実数値[努力値]
161[44]-167[212]-90-x-90-145[252]
技》
身代わり
影分身
跳び膝蹴り
バトンタッチ

本構築の主役、分身使いの忍者バシャーモくん。
やることは単純明解で相手が痺れるか交代するまで身代わりを貼り続け、分身を積む。避けたらさらに積む。バトンする。それだけで試合が決まる。
正直、ジャロバシャマンダって並べると僕は真っ先に分身バトンを思い浮かべるので麻痺撒きを別のポケモンにしたかったんですが、まだまだ一般的な知名度は低いみたいで数多の強者を闇に葬ってくれました。
膝はマンムーパルシェン、ガルーラに撃つので個人的には必須です。
アローもハイボ勢もいなくなった今、分身バシャーモはやりたい放題できるので楽しくて仕方ありませんでしたね。
素の状態で相手のマンダと対面せざるを得ない時は、7秒くらい悩んで繰り出すとめざ氷っぽさが出て効果的。





f:id:pkmnbnsn75:20170303211603p:plain
ボーマンダ@ボーマンダナイト
特性:いかく→スカイスキン
性格:意地っ張り
実数値[努力値]
191[164]-213[228]-150-x-110-155[116]
技》
恩返し(八つ当たり)
身代わり
羽休め
龍の舞

バトンエース。回避バトンをするときの受け先はメガマンダ、メガガル、メガチルタリスの3強だと思ってます。
今回はコスモパワー等の防御特防面の補正をバトンできず耐久をいじる意味が薄いので意地ASベースで火力を上げました。
避けて舞って撃つ。簡単でものすごく楽しいです。飛行技は無効化されないので鋼タイプだろうがなんだろうが舞いまくって粉砕します。
回避率は1上昇だとたまに苦しくなるので2段階以上の回避率アップが望ましいかなと。
バシャと同様にマンダもこれまではフェアリースキンハイボ勢(とアマルルガ)が厄介きわまりなかったのですが、それらが環境に少ない、もしくはそもそも解禁されてないのでひょいひょいマンダが面白いくらいに通せました。




雑記

今回使ったパーティは扱いが簡単で頭空っぽにして対戦に臨めたので使用感はすごく良かったです!
また、この構築を使う上で最も追い風となったのがマッチングシステムです。
6世代は大体同じレート帯とマッチングする代わりに再戦が起きやすく、分身バトンのような初見殺しの1発芸は再戦による型バレが致命的でした。
対して7世代は格差マッチングが頻繁に起こります。
確かに300差400差でマッチングすると僕もげんなりしますが、その代わり一度当たった人とあまり当たらないので型バレもほとんどなく、常にジャロバシャマンダの分身はめギミックが刺さりました。これが今回2ロム2100を出せた1番の要因かなと思います。
環境や相性補完などポケモンは考えることがたくさんありますが、格差マッチングも考慮してどんな相手にも一貫した立ち回りで勝てるようにするパーティが今後は強いのかもしれませんね。


ここまで見ていただきありがとうございました!

それでは◹(o╹ㅈ╹o)ノシ





おまけ
QRパーティのリンクです。例によってなつき度が反映されないためマンダの恩返しは捨て身にしてあります。
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4CF8-A8C2

【自分用メモ】色オタチを出すために必要なもの

気合い