いばるは戦術

ポケモン レート用構築メモ

【昔使ってた構築6】ゴーストループ

こんにちは。

f:id:pkmnbnsn75:20160430175032p:plain

最近、とあるスレで分身コスモバトンと瞑想クレセを合わせてる方がいたんですが、すごく強そうです。試してみたいけど時間がありません。悲しい。

TNくろすけでポケモンしてます。レートであたったらお手柔らかに。


今回は約一ヶ月半ぶりにシングルの構築記事です。直近で2000超えたパーティを引っ張りだしてきました。
もうORAS環境も終わっちゃいますからね、せっかくなんで公開します。こんなことやってる暇があるならレート潜れというツッコミはその通りだと思います。



我は何度でも…


実はこの構築S16で2000越すくらいのポテンシャルはあったんですけど、あんまり面白いポケモン使ってないので、急いで記事作る必要はないなと思って放置してました。
正直、第6世代の受けルの結論はラキグライヤドランバナバンギムドーorゲンガーヌオームドーラキグライバンギだと思いますし、まぁ、「ふーん」くらいの気持ちで見てやってください。


以下、個体解説

f:id:pkmnbnsn75:20160901125114p:plain

ヤドラン@ヤドランナイト
特性:再生力→シェルアーマー
性格:図太い
実数値201-x-242-151-113-51
技:電磁波、なまける、鉄壁、熱湯

ヤドラン枠。主にバシャーモとアローを受けてもらう。物理版ラッキーとしてもてはやされた時代もありましたが、僕のヤドランに対する最近の印象は「炎受け兼ある程度汎用性のある物理受け」といったところ。
アロー、バシャーモを倒せればそれでいいと思ってましたし、選出しないでいいなら選出しない。そんなポケモンでした。あんまり期待せずに繰り出すくらいがちょうど良かったです。




f:id:pkmnbnsn75:20160901125113p:plain

ラッキー@進化の輝石
特性:自然回復
性格:図太い
実数値333-x-62-x-146-74
技:地球投げ、たまご産み、電磁波、毒毒

ラッキー枠。気まぐれで受けループ(っぽい)構築を何度か使ったことがありますが、ラッキーの技@2の部分は基本でんじは、威張るを愛用していたためとにかく慣れてなさが目立ちました。
そもそも、でんじは威張る型は特殊受けというより起点作成型といった感じなので雑に扱っても良かったのですが、特殊受けがこいつ1匹しかいない本構築で「ラッキーを死なせてはいけない」という縛りが難易度高くて四苦八苦しました。
ボルトロスが身代わりしたり、ヒートムがトリックしたりですぐ崩されるので本当に泣きたくなります。逆に言えばいかにラッキーに役割を全うさせるかが受けル使いの腕の見せ所なのかなと、にわかなりに思いましたね。
ちなみに、もう1匹特殊受けが欲しくてゲンガーの枠をハピナスに変えたりしてました。選出画面でラキヤドハピでピンク玉3兄弟が縦に揃うのはパーティの見た目レート2300はあったと自負しております。




f:id:pkmnbnsn75:20160901125116p:plain

グライオン@毒毒玉
特性:ポイズンヒール
性格:腕白
実数値177-116-169-x-96-143
技:守る、身代わり、ハサミギロチン、地震

グライ枠。主にHDアロー、ナットレイヘラクロスが役割対象。Bに厚めに割いているためSが足りず嵌められる範囲は狭い。まぁ、無限まもみがで勝てる選出なんてされないので変に最速にする必要もなかったかなと思います。
技構成について、近頃の主流はギロチンの枠が毒毒のタイプのグライが多い印象ですが、僕的にはナットとアローが嫌すぎたためギロチンとしています。
役割対象のことを抜きにしても、受けルはサイクルパの中でも随一と言っていいほどクルクル交換するのでギロチンの試行回数を稼ぎやすくパーティとのシナジーがあるのでギロチン>毒毒だと思いますね。
(というのは建前で害悪使いの血が騒ぐので、思考停止ギロチン採用しただけです。対面ガルーラに平気でギロチンぶっぱしたりしました。許してクレッフィ)




f:id:pkmnbnsn75:20160901125115p:plain

エアームド@防塵ゴーグル
特性:頑丈
性格:腕白
実数値172-100-190-x-110-90
技:アイアンヘッド、羽休め、鉄壁、毒毒

鋼枠。個人的にムドーはすごく愛着があるポケモンなので(初めて育成したポケモン)最初からパーティに入れるつもりでした。
本当はゴツメにムドーを持たせたかったのですが、ここまでで「ガッサ重ない?」となってしまったため仕方なくムドーにゴーグル持たせました。
初めてゴーグルムドーを使った感想としてはとにかく負担かけれなくてつらい、といった感じ。ゴツメが本体とはよく言ったものです。
しかし、フェアリー受けとしては非常に優秀であったため鋼タイプとしての役割は果たしてくれたかなと思います。
ちなみに、昔分身バトンミミロップ+わるだくみぺラップで受けルーパーに闇を見せていた時、鋭い目ムドーに初手アイへ連打からの急所に当たって負けて血の涙を流したことがあります。




f:id:pkmnbnsn75:20160901125309p:plain

ミカルゲ@こだわり鉢巻
特性:すり抜け
性格:慎重
実数値157-122-129-x-165-55
技:イカサマ、不意打ち、追い打ち、トリック

Q.何枠でしょうか?




















A.バンギ枠

今、100人中100人が正解しましたね。ここまででつらいメガゲンガーを担当します。大抵のメガゲンガーのシャドボを確定3発に抑え込むイケメン。
何故バンギではなくミカルゲなのか、おしゃれだからか、人とは違うことして目立ちたかったのだろう?と推測してる方がいると思います。
まぁ、そのとおりなんですがミカルゲにしかできないことって結構あるんです。
ⅰ)特性すり抜け
初手ラッキーゲンガー対面、身代わりをうってくるゲンガーが一定数いますが、バンギの場合吠えるで戻ってくる確率50%。対してミカルゲなら身代わりをすり抜けて追い打ちで確殺します。
ⅱ)ガルーラへの優位性
選出画面にガルーラとゲンガーが両方いてどっちが来るかわからん!って時がありますが、ミカルゲならタイプ相性上ガルーラにもゲンガーにも有利に戦えます。
ⅲ)わからない型
正直、相手はなにするのかわからないと思います。特殊なのか物理なのかもわからないし、誰で倒せばいいのかもわからないはず。バンギは最初からやることわかりますからね。

成功追い打ち=不意打ちでメガゲンガーが確定1発です。
実際、ミカルゲは幾万ものゲンガーを倒し、ガルーラに対してもイカサマ2発で撃破し、鬼火読みアタッカーアロー引きにイカサマでぬっ倒しまくりました、間違いなく本構築のMVP。
ゲンガーに対面鬼火うたれると負けるし、催眠で寝かしつけられても負けるのは内緒。




f:id:pkmnbnsn75:20160901125112p:plain

ゲンガー@ゲンガナイト
特性:浮遊→影踏み
性格:控えめ
実数値159-x-101-210-130-175
技:シャドーボール、ヘドロ爆弾、みちづれ、鬼火

誤魔化し枠。遅い。どれだけ遅いかというとメガシンカ後にゴウカザルを抜けない程度に遅い。何故ここまでSを削ったのかというとDに努力値をまわして相手のメガゲンガーのシャドボを耐えるため。メガゲンガー同士の対面で同速勝負するのが嫌だったため採用した控えめゲンガーだったが、ピンポイントながら非常に強かった。1 : 2交換もバシバシ決まった。



基本選出パターンくらいは書こうかなと思っていたんですが、割とフィーリングで出すポケモン決めてたので書くのやめときます。

ところでこの構築、瞑想スイクンどうするつもりなんですかね?

………


ここまで見ていただきありがとうございました!

それでは(^-^)ノシ